平昌オリンピック!盛り上がりましたね!!
特にカーリング女子にすっかりくぎ付け!かなり寝不足となりましたが、素晴らしい試合ばかりでした。
カーリングの認知度と人気が一気に高まったのではないでしょうか。

そして、オリンピックの次はパラリンピック!!
冬季パラは6競技しかありませんが、カーリングはその中にしっかり入っています!そう「車いすカーリング」です!!!
が、残念なことに日本は車いすカーリングには今回出場しません・・・うーん残念。。。。


さて、今回は「映画・ドラマ・アニメ・漫画・ゲームに登場するActive車イス!」今回は【アニメ・ゲーム編】です!




■Active車イスの登場するアニメ
車イスの登場するアニメとして一番有名なのは、なんといっても【アルプスの少女ハイジ】!!
実際は小説が原作ですのでアニメとするのも本当はおかしいですが、日本ではハイジといったらアニメ版な気がするのでOKでしょう。
この作品の中でクララが乗っているのは木製の介助用車イス。この車イスの形状はとても面白く、いつかネタにするとして、今回のテーマである「Activeタイプ」ではありません。
実はこのActive車イスのアニメを考え付いたとき、すぐに頭に浮かんだ作品がるのですが、その作品の紹介は少し置いておいて、車イスが登場するアニメって他にもあるのでしょうか。興味がわきました。

早速、「アニメ 車椅子」でググってみます。
すると・・・・おおー結構ありますねー、いや、かなり。。。

調べてみると、どうやら日本で放送されるアニメは年間100~200作品以上!!そんなにあるのか・・・
子供の頃、アニメの時間といったら、朝早くか、夕方17:30からと決まっていたもんです。あ、あと日曜日の午前中とか。
それが、今やアニメのゴールデンは深夜帯・・・。視聴者層も小学生ではなく、中高大学生、いや社会人もメインターゲットと幅広いわけですから作品数も増えるわけです。

さあ、これだけ作品数があるわけなので、車イスに乗るキャラが多いのも納得です。
車イスに乗るキャラを紹介するまとめサイトや質問ページもありました。
そのほとんどが知らない作品タイトルで、当然知らないキャラクター・・・。一つひとつ確認するつもりはハナから無いのですが、一応画像で検索してみます。。。。

その結果、やっぱりActiveと言えそうな「おお!」という見た目の車イスはほとんど無し・・・
ただ、ちょっと発見だったのは、
①自走式(手動)はほとんどが標準タイプ(病院にあるやつ)のデザイン。
②電動に乗るキャラが意外に多く、電動車椅子のデザインは未来的なデザインが多い。
という点。こういう点を考察しても面白いんだろうなー。


話がそれましたが、肝心のActive車イスの発見とはならず、予定通り当初頭に浮かんでた作品を取り上げることにします。



【ギルティークラウン】
2011年に深夜帯で放送されたこの作品は、近未来の日本を舞台にしたロボット?アニメ。
人気作品の例にもれず、ゲーム、コミック、などにもなっているメディアミックス作品です。

この作品に登場するのがActive車イスにのった美少女キャラ”篠宮綾瀬”です。

ギルティクラウン
出典:ギルティークラウンHP http://guilty-crown.jp/  より

トランスファーを手伝われるのも見られるのも「エレガントじゃない!」と介助を断る勝気な性格で、主人公(男)を車イスに乗ったまま投げ飛ばすというツンデレキャラです。
陸上の高跳びを得意とするスポーツ少女でしたが事故で車イス生活に・・・、その後いろいろあって戦闘用ロボットの操縦技術に才能を開花させストーリ上重要な役割を果たします。

普段は車イスという”不自由の象徴”に乗るの綾瀬が、ひとたびロボットに乗ると画面を縦横無人に動き回るわけで、車イスが見事にギャップという演出を生み出しています。
カーボンを思わせるホイールに十分に近未来感のあるフレームデザイン、きちんと水平に回転するキャスターフォークのデザインもスバラシイ!
個人的にはフレームとホイールにあしらわれているロゴとかもポイント高!(さすがに、作中では簡略されますが)


もうひとつ、この篠宮綾瀬キャラクターを語るうえで忘れていけないのは、人気の高さです。
ギルティークラウンという作品において、綾瀬はヒロインではありません。
主人公は”桜満 集”という男子高校生で、ヒロインは”楪 いのり”という歌姫。放送開始当初は綾瀬は言ってしまえばサブキャラ的存在だったわけです。
ところが、放送回が進むうちに、車イスに乗る一見弱そうな美少女が敵を薙ぎ払うという爽快さ、車イスで主人公を投げ飛ばし差し出された手を払う強気な面と、車イスから落車した瞬間の色っぽさ、に一部の熱狂的なファンがうまれます!

ニコニコ動画で篠宮綾瀬のシーンだけをまとめた動画が作られるほど・・・果ては、篠宮綾瀬を主人公にした外伝コミックまで登場します。
そして、こんなものまで・・・
フィギュア
アニメの美少女キャラといったらフィギュアです!
まるで90年代前半のバスケ車の様です。

しかし、この写真を撮っているところを小学生の娘に見られて以来、視線が冷たい気がするのは思い過ごしでしょうか・・・






■Active車イスの登場するゲーム
車イスの登場するゲームはアニメよりもかなり少ないようで、私が知っているのは以下の2作品のみです。
まずは、こちら↓


【魔都紅色幽撃隊】
アークシステムワークスより発売されたPlayStation 3や4、Vita用のアドベンチャーRPGゲームソフト「魔都紅色幽撃隊」に登場するのが、Active車イスに乗る”支我正宗”です。
魔都紅色幽撃隊
魔都紅色幽撃隊公式サイトhttp://www.arcsystemworks.jp/yugekitai/より

趣味はPCと車いすテニスという設定で、幽霊退治の会社「夕隙社」でアルバイトをすることになった主人公の後方支援をしてくれる頼もしい同級生です。
まあ、もし彼が車イスでなかったら、彼が直接戦ってしまえるので、主人公のの存在意義がなくなってしまいます。
そんなわけで、彼が車イスに乗っている理由、それはゲームのストーリー設定上必要不可欠だったということですね。(序盤しかプレーしていないので、物語が進むにつれてもしかしたら彼の過去が明らかになるのかもしれませんが・・・)

乗っている車イスは見てのとおり、非常にリアルなデザインです。
足が後ろにずり落ちないようにするフットベルトといった、忘れてしまいそうなとこまできちんと描写されています。
特筆すべきは、アンダーフレームとアッパーフレームをつなぐフロント部分がかなり細いデザインとなっている点です。OXのGWX3を彷彿とさせます。

ゲームとしても、監督は東京魔人學園剣風帖などを手掛けた今井秋芳監督でオモシロさは◎、本編の後日談のノベライズ本も出ている人気作です。グラフィックも美しくオススメの一本です。




そしてもう一つの作品がこちら!
【ほしうた】
です。
フロントウィングという会社からパソコン用ソフトとして発売されたこのゲームは、なんと大人の為のゲームです。
つまり、平たく言えばアダルトゲーム!!
もっと分かりやすく言えば18禁!!!
俗にいうエロゲー!!!!
です・・・
木ノ下翠
ほしうた公式サイトよりhttp://frontwing.jp/product/hoshiuta/index.html
Active車イスに乗るのは"木ノ下翠"という数人いるメイン少女キャラの一人。
アダルトカテゴリーに出てくる少女キャラクターがActive車イスに乗っている・・・ある意味、なんというスバラシイ発想ではないかと思いました。
これぞ、真の"心のバリアフリー"!まさにノーマライゼーションではないかと。

ちなみに、プレーはしておりません。ハイ。

で、車イスの方はイラストを見る限り、キャスターフォークのデザインがちょっと苦しいですが、全体的にはかなりイイ感じ!転倒防止もついている点なんかも現実的でいい味出してます!

プレーはしていません。念のため。






こうやってみるとアニメやゲームにでてくるの車イスは、デザインをかなり考えたんだろうなーと思います。描きやすいデザインにすると同時に作品のイメージにも合わせる必要があります。
また一般的に車イスは馴染みが無い乗り物ですが、見る人やプレーヤーに違和感を持たせないデザインであることも重要です。
スポークカバーや三本スポークのホイールなんかもそんな理由かと思います。

一点、今回登場した車イスのデザインで指摘を入れたいのは背もたれの角度。寝すぎで、もっと起こした角度でないとちゃんとしたシーティングできません。支我クンは「典型的なズッコケ座り」になってます・・・もっと骨盤を起こさないと。
その意味では、ほしうたの木ノ下翠の姿勢が一番良く、綺麗なシーティングですね。






さて、「映画・ドラマ・アニメ・漫画・ゲームに登場するActive車イス!」はいかがだったでしょうか。
今回紹介しきれなかった作品もイロイロあるので、いつかまたやりたいなと思います。
また、私が知らない作品も数多くあると思いますので、是非こんなのもあるよとか教えてもらえたらうれしいです!
最後にもう一つだけ、ゲームをご紹介。
【Extreme Wheelchairing 】
スマホ用のゲームアプリで、画面をフリックして車イスを操作するなんともマニアックなゲーム。
海外アプリのため、iPhone の地域設定が日本のまま だとAppStore で見つからないかも。
無料版は日本設定のiPhone でプレイでき、面白かったです。
アンドロイド版は試してないのでよくわかりません。。。
こんな感じのゲームでした。
昔、ファミコンで車イスを動かすアクションゲームがあった気がしましたが、思い出せないんですよね。
アニメ、ゲームだけでなく、映画やドラマ、マンガなどでもオススメ情報があればコメントをお願いいたします!




▶︎次回予告◀︎
次回は、たまには真面目なネタもやらないと、ということで、車イスのフレームについて注目していこうと思います!